レーシック後に老眼になったらどうなるの

レーシックで近視が治っても、数年で老眼になったら、メガネの生活に戻ってしまうのではないかと心配で治療を受けるのを諦めている方も多いそうです。

 

私もまさにその一人で、老眼を意識する年代になっていたのでレーシックは受けられないものと思っていました。

 

しかし、技術は進歩しており、老眼も色々な治療方法が確立されていて、老眼を考慮した治療も広く行われるようになっています。

 

紹介されている治療方法としても、矯正を弱めにして少し近視を残すことで近くを見えやすくする方法や老眼治療とレーシックを同時に行う方法、近視のレーシック治療とは別に老眼だけ治療するカメラインレイなどが目の状態にあわせて行われています。

 

具体的にどのような治療が適しているのかは、生活スタイルや眼の状態で異なるでしょうから、悩むよりも専門クリニックで適応検査を受けて眼科医と相談するのが一番早いと思います。

 

老眼だけではなく、見る力そのものも衰えてきますから、価格重視で流れ作業的な治療は避ける方が懸命といえるでしょう。

 

過去のトラブルの事例など見ていても、過矯正によるものが多く、老眼に対する配慮が足らなかったり、説明不足や認識の違いがほとんどのようですので、事前の情報収集とともに医師としっかり相談することが重要だと感じます。

 

レーシック後でも老眼だけ治療できるレーシック後カメラなど、新しい治療法が行われるようになっていますので、先ずは信頼出来る専門医で相談されたり、無料の説明会を聴いてみてはいかがでしょう。

 

レーシック後カメラは、既にレーシックの治療を受けている場合に老眼の治療だけを行う方法で、すでに作成されているフラップよりも深いところに近くが見えやすくするために、小さなレンズのようなカメラを挿入する治療法です。

 

レーシックカメラ

 

近眼と老眼の同時治療や老眼だけの治療が先行して普及しているようで、既にレーシックをしている場合の治療はまだ限られていますが、今後様々な選択肢が増えてくるのでしょうね。

 

近視と老眼は原因も治療法も異なるので、レーシックした後で老眼になっても、普通の人が老眼になるのと基本的には変わらないのだそうです。メガネに比べてコンタクトやレーシックは近くが見えにくいことと、既に老眼が始まっている場合には、レーシックで近視だけ治るので老眼だけが際立ってしまうことになります。

 

まだ老眼になっていないのなら、両方の治療を積極的に行なっているクリニックを選んでおけば安心ではないでしょうか。年齢的にまだ余裕がある人はあまり気にし過ぎる必要はないかもしれませんね。

 

もし、レーシックや老眼治療に興味はあるけど、疑問が不安があるのであれば、適応検査や説明会に参加するのが早いと思います。
無料の適応検査で疑問を解決