老眼予防のトレーニングについて

水晶体は毛様体により調節されているので、水晶体とともに毛様体も若々しく保つことが必要ではないかと思います。どちらも弾力がある状態にしておかなければピントが調節できないからです。

 

そこで毛様体の老化防止にはピントを合わせるトレーニングが効果的ではないかと思います。トレーニングしすぎて目が疲れすぎない程度に遠くを見たり近くを見るなど近視のトレーニングと同じようなもの思います。

 

若い人も長時間近くの物を見ていると一時的に目の筋肉が固くなり遠くのものが見えにくくなるといわれ、そのときに遠くのものを見たり、遠くと近くを交互に見ると良いそうです。また、わき腹を伸ばしたり肩を動かすなど軽いストレッチ体をと良いそうです。

 

このようなトレーニングをすれば老眼予防になると思います。近視の予防と違うところは、遠くを見るかわりに近くをみるのが効果的なのかどうかは分からりませんが、遠くと近くを交互に見るのは良さそうです。このとき早く見るのではなくゆっくり一定の速度で行うのが良いと聞いたことがあります。