和食を食べるのが、老眼予防への近道になる

老眼予防には、食事から栄養を摂取して、老眼を遅らせる事が出来ます。老眼は、40歳を過ぎると、誰にでも襲い掛かるものです。40歳を過ぎると、どんどんと進行が早まっていく傾向にあります。そういった時には、日ごろの食事によって、進行を遅らせる事が出来ます。

 

その老眼予防に良い食材は、やはり野菜です。多くのビタミン類を豊富に含む野菜を多く食べる事で、美味しく予防出来るのです。出来れば、ビタミンを壊さない方法で食べるには、生のサラダで食べるのが一番です。

 

その野菜では、ほうれん草やさつまいも、ビーマンやブロッコリーが最適です。
さっと茹でて食べる工夫も必要です。更に、納豆やひじき、海苔や黒豆の海藻類や豆類が良いです。こちらは、ご飯と混ぜたり、甘く煮て食べると良いです。

 

魚は、鰯やウナギサバが良いです。食べると、血液もサラサラとなりますし、そのおかげで目も良い状態となって、老眼予防になります。焼いて、ゆずなどをかけて食べると更に効果があがります。

 

やはり、和食を食べるのが、この老眼予防に最適なのです。