左右で見え方を変えるモノビジョン

目には利き目があることはご存知だと思いますが、利き目では主に遠くを見ることに使い、反対の目で近くを見ることに使います。

 

このことを利用して左右の見え方を調整して遠近両方に対応させるのがモノビジョンレーシックです。

 

具体的には、主に近くを見ることに利用している利き目と反対の目の矯正を弱めにして、近くが見えやすくするのだそうです。

 

左右の視力を変えることで近くも遠くも見えるようにするのですが、見え方があ違うために慣れるまでには多少の時間を要するようです。

 

解りやすく以前から行われている治療法ではありますが、どうしても見え方の違いに対応できない人もいるようですので、事前にしっかりと対応検査を受けて専門医と相談の上で行う必要があります。

 

モノビジョンの様に左右に違いを付けなくとも、レーシックの矯正を弱めるだけでも見えやすくなるなど、ライフスタイルや眼の状態によっても適した治療方法は異なってくるとのことです。

 

実際に見え方の体験もできるようですので、先ずは経験豊富なクリニックで適応検査を受けって相談してみるとよいのではないでしょうか。

 

主なクリニック ⇒新宿近視クリニックなど

 

SBC老眼治療