レーシックしたら近くが見えにい?

レーシックで近視を治療したら近くが見えにくくなったとと言う話を聞いたことがあります。
ネットの体験談などを見ていても、同じような事が言われており、近視は治ったけれど、老眼で結局メガネが必要になってしまったなどの書き込みがあります。

 

気になったので調べてみたのですが、多くの場合で、事前に十分な説明が無かったり、老眼を考慮した治療を行なっていないために起きているようです。

 

老眼の状況を含めた詳細な検査を行い、その人の眼の状態や生活スタイルに合わせた治療を行う医院であれば大部分は防げた内容ではないかと思われます。

 

既に老眼が進行している場合には、近視のレーザー治療と老眼の治療を同時に行うことも一般的になってきているようです。

 

正常な状態であっても、治療直後は遠視になるのだそうです。近視が強い場合にはその状態が長く続く傾向が強いようで、しばらくは老眼鏡が必要になることもありますが、その場合にも時間の経過とともに正常な状態に治っていきます。

 

あと、本人の自覚がなく既に老眼が始まっている人が、近視が治ったことで老眼に気付くこともあるのだそうです。

 

若いころであれば、破格の流れ作業的な治療でも問題なかったのでしょうか、40歳以降は老眼の治療も含めて経験が豊富な医院で、しっかりと検査を行い医師と相談の上で自分に適した治療方法を決めることが大切だと感じます。